エヴェルニクール

英語や語学留学など色々なお役立ち情報を発信するブログメディア

未分類

ウエンツ瑛士さん、イギリス留学に備え、痔の手術をした事を告白 [373996372]

投稿日:

1 :SQNY ★:2019/02/20(水) 02:35:03.24 ID:CAP_USER.net
・中国人留学生、カナダでチベット出身の学生を中傷 「大使館の指示で」

カナダのトロント大学でこのほど、学生会長に就任したチベット出身の女子大生が、中国人留学生から抗議を受け、騒動となった。また、別の大学で開催された講演で、中国人留学生がウイグル人のスピーカーに暴言を浴びせた。一連の出来事の背後に中国共産党政権の影が見え隠れしており、カナダや米国で関心が高まっている。

チベット出身の新学生会長を中傷
カナダのトロント大学スカボロ校(UTSC)心理学専攻の学生で、4年のチェミ・ラーモ(Chemi Lhamo)さんが最近、学生会長に選出された。チェミ・ラーモさんはチベット出身で現在カナダ国籍を持つ。一部の留学生は、ラーモさんは「フリー・チベット」の賛同者だと批判し、ネットでラーモさんの辞任を求める署名活動を展開した。14日の時点で、1万人以上の署名が集まった。

同大学の学生新聞「バーシティ(The Varsity)」10日付によると、学生会新会長の発表前から、ラーモさんのインスタグラム・アカウントに、英語と中国語で書かれた人種差別の言葉や誹謗(ひぼう)中傷のコメントが数多く書き込まれた。

ラーモさんは「バーシティ」に対して、新会長選挙が始まった翌日から、非難のコメントが増えたと述べた。「私個人の安全よりも、カナダ人の持つ権利が脅かされた事態に不安を覚えた」と話した。

ウイグル人活動家への攻撃
マクマスター大学(McMaster University)では2月11日、カナダ・ウイグル人協会の会長を務めた女性ウイグル人活動家、ルキア・トールダッシュ(Rukiye Turdush)氏は、中国新疆ウイグル自治区の「再教育施設」について講演した。講演中、中国人の留学生数人が会場に入り、うち1人がトールダッシュ氏に対して大声で暴言を吐いた。

その後、マクマスター大学の中国学生・学者聯誼会(CSSA)など5つの中国人留学生団体が共同声明を発表した。声明は、大学側が開催した同講演について「反中講演」と糾弾した。また、講演の開催を「12日に、駐トロント中国総領事館に報告した」としている。

いっぽう、ドイツメディアのドイチェ・ヴェレ(14日付)は、匿名の留学生からの情報を引用し、駐カナダ中国大使館は講演について、留学生にさまざまな指示をしたと報じた。

同報道によると、中国大使館側は「講演開催時に大学の担当者がいるか」「主催側に華僑がいるか」「講演内容を撮影し録音する際、安全対策を講じるよう」「常に連絡し報告するよう」などと命じた。留学生らは、ソーシャルメディアのウィーチャット(WeChat)を通じて、大使館からの指示を共有した。

トールダッシュ氏は大紀元に対して、留学生が中国大使館に利用されていることに「非常に不安を感じる」と述べた。また、「中国当局は、留学生を通して共産主義のイデオロギーをカナダまで拡散しようとしている」と危惧した。

カナダの公共放送CBC15日付によると、マクマスター大学側が同事件について調査を始めた。同大スポークスマンは、「校内で開催されたイベントが監視されたことを懸念している」と述べた。

>>2

(Chemi Lhamo, the president-elect of the University of Toronto's Scarborough campus)

2019年02月18日 21時33分 大紀元
https://www.epochtimes.jp/2019/02/40366.html

0件をまとめました。
最新情報はこちら





-未分類

Copyright© エヴェルニクール , 2019 All Rights Reserved.